ママリンのおススメ品レビュー記事です^^

赤ちゃんや妊婦さんにも安心。『はぐくみオリゴ』のレビュー
5種類のオリゴ糖100%です。安心食品でお通じ対策に☆
透明感のある肌に。『HANAオーガニックウェアルーUV』のレビュー
オーガニックで美容成分たっぷり♪白浮きしない安心日焼け止め。ファンデ代わりにも☆
すべて植物性☆女子力アップサプリメント『天使の秘密』のレビュー
バストアップ効果のあるプエラリアや、植物性プラセンタ、酵素などの嬉しい成分入ってます♪

スキンタイプによる、日焼けのしかたの違い

日焼けの気になる季節ですよね~。

私は、ちょうどお昼間のサンサンと日差しが降り注ぐようなお天気のいい時に限って、外に出ることになるので(子どもの外遊びのため)、もう半分あきらめ状態になっていますが・・・

紫外線はお肌の敵~。日焼けは美肌の大敵~\(`□´)/

*****************************
↓ポチッとクリック応援してくださるとうれしいです♪
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
*****************************

ところで日焼けって、肌が赤くなるだけで黒くならない人と、あんまり赤くなったり皮がむけたりすることもなく黒っぽくなる人といますけれど、あなたはどちらのタイプですか?

186しまうま

私は黒くなるタイプなんです(><)



皮ふのタイプって、6段階に分けられるって知っていましたか?

私はそこまで多く分けられるとは知らなかったのですが、先日図書館から借りてきた美容の本にも載っていました。(⇒『図書館を利用して、読んで美容の勉強をしよう~☆』)皮膚科のサイト等にも載っています。


「スキンタイプ」と言って、真っ白な肌の白人(アイルランドや北欧系)から、真っ黒な黒人まで6段階に分けられます。

  • Ⅰタイプ・・・肌の色は白。紫外線に対して高度に過敏で、日焼けによる赤身は常に起きるが、色素沈着による褐色化はまったく起きない。
  • Ⅱタイプ・・・肌の色は白。紫外線に対して高度に過敏で、日焼けによる赤身は常に起きるが、色素沈着による褐色化は時々起る。
  • Ⅲタイプ・・・肌の色は白。紫外線に対して中くらいの過敏さで、日焼けによる赤身も、色素沈着による褐色化も起きる。
  • Ⅳタイプ・・・肌の色は淡褐色。紫外線に対して中くらいの過敏さで、日焼けによる赤身は時々起き、色素沈着による褐色化は常に起きる。
  • Ⅴタイプ・・・肌の色は褐色。紫外線に対しての過敏さは軽く、日焼けによる赤身はまれに起きる程度で、色素沈着による褐色化はわからない程度。
  • Ⅵタイプ・・・肌の色は黒。紫外線に対しての過敏さはなく、日焼けによる赤身はまったく起きない。色素沈着による褐色化は判別不可能。



こんな風に分類されています。そして日本人はⅢタイプかⅣタイプが多いとのことです。
ということは、私はⅣタイプということになりますねぇ。褐色化は常に起きる・・・と(^^;)



ただ、肌が白くて赤くなるタイプのほうが紫外線には弱くて、特に細胞内の核(DNA)を傷つけてしまうUVBによって皮膚がんになりやすいということですので、しっかりと日焼け対策をした方がいいのは、色白のお肌を持つ方のほうかもしれません。

もちろん、私のように黒くなりやすいお肌の方も、紫外線対策はしましょうね~☆

*****************************

↓この記事を読まれましたら、
ランキングバナーをクリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

HANAオーガニックウェアルーUV"

<HANAオーガニックウェアルーUV>
オーガニックで美容成分たっぷり♪白浮きしない安心日焼け止め。ファンデ代わりにも☆

レビュー記事はこちら
透明感のある肌に。『HANAオーガニックウェアルーUV』のレビュー


コメントを残す




CAPTCHA