ママリンのおススメ品レビュー記事です^^

赤ちゃんや妊婦さんにも安心。『はぐくみオリゴ』のレビュー
5種類のオリゴ糖100%です。安心食品でお通じ対策に☆
透明感のある肌に。『HANAオーガニックウェアルーUV』のレビュー
オーガニックで美容成分たっぷり♪白浮きしない安心日焼け止め。ファンデ代わりにも☆
すべて植物性☆女子力アップサプリメント『天使の秘密』のレビュー
バストアップ効果のあるプエラリアや、植物性プラセンタ、酵素などの嬉しい成分入ってます♪

知らないと危険☆日焼け止めの選び方 ~その4~ナノ化の安全性

日焼け止めの選び方を、シリーズでお伝えしています(^^)

  1. 日焼け止めのSPF数値については⇒ 『 知らないと危険☆日焼け止めの選び方 ~その1~SPFについて

  2. 日焼け止めのPA表記については⇒ 『 知らないと危険☆日焼け止めの選び方 ~その2~PAについて

  3. 日焼け止めの成分については⇒ 『 知らないと危険☆日焼け止めの選び方 ~その3~成分について



今回は、紫外線散乱剤の安全性について書いてみたいと思います。

*****************************
↓ポチッとクリック応援してくださるとうれしいです♪
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
*****************************

紫外線散乱剤の安全性はどうなの?

日焼け止めに配合されている、「紫外線散乱剤」。その成分は「酸化チタン」「酸化亜鉛」です。

紫外線吸収剤よりは安全かと思ったのですが、実はこちらの散乱剤の方も、ちょっとした裏の顔があるようですね・・・。


活性酸素とコーティング

何と!酸化チタンや酸化亜鉛は、お肌の上で紫外線を浴びると活性酸素を作り出すのだそうです。そしてお肌を酸化させるんですって(><)

ただし、その作用を閉じ込めるために、「コーティング」を施している商品も多いようです。そのコーティング剤がまた問題になってくるのですが(^^;)



まず、活性酸素を作る作用を閉じ込めるために、水酸化アルミニウムアルミナシリカなんかでコーティングをし、

さらにその上から使用感を良くするために合成ポリマーアミノ酸系フッ素水溶性合成ポリマーレシチングリセリンなどでコーティングをするようです。

そして残念ながら、日本では合成ポリマーを使っているところが多いのですって。
(合成ポリマー入りの化粧品を使い続けることで、本来の肌の力が失われて、潤いを保てなくなってしまうようです。肌にフィットするのはいいのですが反面落ちにくく、強力なクレンジング剤が必要となるためお肌に負担がかかってしまいます。)


ナノ化の技術と安全性

それからもう一つ。酸化チタンや酸化亜鉛は、そのままの粒子ですと白く見えます。白い絵の具のようなものですから。

日焼け止めに、そのままの酸化チタン・酸化亜鉛が使われているだけだと、お肌が白っぽく浮き出たようになってしまいます。いわゆる「白浮き」ですね。

それを防いで使い勝手を良くするために、この酸化チタン・酸化亜鉛を「ナノ化」する技術が使われています。

日焼け止め以外にも、化粧水や美容液の成分をナノ化して、お肌に浸透してうるおうことをうたい文句にしている商品もあります。

でもどちらかと言えば、ナノテクを使っていることを知られないようにしているところが多いようですね。

・・・それはなぜかというと、ナノ化の安全性に対して疑問の声も上がっているから。

今のところ、ナノ化しているかどうかの表示義務はないため、隠しているという程ではないかもしれませんけれど、あえて表示することはしていないようです。

ナノ成分が危険と確定されているわけではありません。もしも危険なのに表示せずに隠していたら大問題ですが、今のところ安全性に疑問が投げかけられている状態です。

私たちは自分の使っている化粧品にナノ化物質が使われているかどうかを知ることが難しい状態です。

ナノ化された成分が、お肌の深いところまで浸透してしまうのでは?という心配もあるのですが、日本では「健康な肌」であればそのようなことはないと言われています。が、日焼けした肌、荒れた肌、傷のある肌ではどうかというのはわからないようです。

もしも浸透しなくても、粒子が細かいので毛穴等に入り込んで、洗い流しにくいというのはあるでしょうね。

動物実験では危険性がないとは言えないような結果も出ているようですし、肺に吸い込んだ場合の影響もありそうで、スプレータイプの日焼け止めは吸い込まないように注意したいですね。(吸い込まない方がいいのは虫除けスプレー等、日焼け止めに限らないかもしれませんが)

ナノテクへの疑問の声があるためか、独自に化粧品会社に問い合わせている方もいらっしゃるようで、ネットでも探せば書かれていたりします。



コーティングの成分と合わせて考えると、紫外線散乱剤は「ナノ化されていなくて安全成分でコーティングされているもの」を使うのが一番安全なのかな~?と思います。

でもそれが必ず手に入るわけではないですし・・・以上のような知識を頭の隅に入れておいて、日焼け止めを使ったらしっかり落とすということは怠らないようにしたいものです^^

*****************************

↓この記事を読まれましたら、
ランキングバナーをクリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

193水面

HANAオーガニックウェアルーUV"

<HANAオーガニックウェアルーUV>
オーガニックで美容成分たっぷり♪白浮きしない安心日焼け止め。ファンデ代わりにも☆

レビュー記事はこちら
透明感のある肌に。『HANAオーガニックウェアルーUV』のレビュー


2件のコメント

  • こんにちは^^

    ナノ化っていうと、
    お肌にいい!って思い込みがちだけど、
    日焼け止めとかだとあまりよくないんですね~
    確かに入り込むのは怖いかも><

    成分もしっかり見なくっちゃ。。。

  • ママリン

    モンブランさんこんにちは☆

    私もナノ化された成分は、お肌に染み込んでいい効果をもたらすということしか考えたことがありませんでした。

    色々調べたり考えたりすると、日焼け止め一つとっても奥が深いな~と思います(^^)

コメントを残す




CAPTCHA