ママリンのおススメ品レビュー記事です^^

赤ちゃんや妊婦さんにも安心。『はぐくみオリゴ』のレビュー
5種類のオリゴ糖100%です。安心食品でお通じ対策に☆
透明感のある肌に。『HANAオーガニックウェアルーUV』のレビュー
オーガニックで美容成分たっぷり♪白浮きしない安心日焼け止め。ファンデ代わりにも☆
すべて植物性☆女子力アップサプリメント『天使の秘密』のレビュー
バストアップ効果のあるプエラリアや、植物性プラセンタ、酵素などの嬉しい成分入ってます♪

お肌のこのシミ、美白化粧品で消える?シミのタイプを知っておこう

シミのタイプと、お手入れ方法



同じ美白美容液を使っても、人によって効いたとか効かないとかといった個人差はあります。

その他、同じお顔のシミでも、このシミには効くけれどこちらのシミには効かない・・・といった場合もあります。

お肌のシミにも種類があるので、美白美容液を使えば効果がありそうかどうかを先に知っておくといいですね。

*****************************
↓あなたの応援が記事更新の励みになります☆いつもありがとうございます^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
*****************************

268simi

お肌にできるシミのタイプは、おおよそ6つに分けられます。

お肌のシミの6つのタイプ

  1. 花弁状色素班(かべんじょうしきそはん)
  2. 脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)
  3. 雀卵斑(じゃくらんはん)
  4. 老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)
  5. 炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)
  6. 肝斑(かんぱん)



上記の6つについて、簡単に説明しますね。

1の花弁状色素班とは、できる場所は肩から背中にかけた部分で、良く見るとお花の花弁(花びら)のような形をしています。海などで強い紫外線を浴びて急に日焼けした後にできる小さなシミのことです。

2の脂漏性角化症とは、シミが盛り上がるような感じでいぼ状になったものです。皮ふの形自体が変化してしまっています。

3の雀卵斑とは、そばかすのこと。色黒よりも色白の人に見られることが多いですね。これは遺伝によってあらわれる、鼻の周りなどに散らばるような小さなシミのことです。

4の老人性色素班とは、紫外線によってできるシミで、年齢を重ねることで増えてきます。初めは薄い茶色ですが、段々と濃くなってきます。

ある程度の年齢になってくると、誰もが悩み始めるシミのタイプではないでしょうか。

5の炎症性色素沈着とは、ニキビや傷あとなどがシミになったものです。

6の肝斑とは、女性ホルモンのバランスが崩れた時に起こります。妊娠中、更年期、ピルの使用によって出たりします。左右対称に出るようなシミです。


どのシミなら美白化粧品の効果がある?

1~6のうち、美白美容液を使っても消えないのが1と2。これはレーザー治療をするのが良いタイプのシミです。

美白美容液の効果が有効なのは5と6。ピーリングも効果が出るタイプのシミです。

3と4は、効果がある場合とない場合があるものです。3は遺伝要素が強いので消えにくいようです。4はでき始めに対処すれば効果が出ますが、定着してしまうと難しいタイプのシミです。


私がおススメしているブライトニングフォーミュラは、シミに効果がある美白美容液として評判は高いですが、シミのタイプによっては効くもの効かないものがあるとわかりますね。

この美容液を効果的に使うために、購入検討の際には、ご自分がどのタイプのシミで悩んでいるかをチェックしてくださいね。



美白効果が高いと好評の『ブライトニングフォーミュラ』レビューはこちらの記事にて行っています^^
⇒『メコゾームの『ブライトニングフォーミュラ』をレビュー☆本当にシミがうすくなる?!

*****************************

↓本日も応援クリックありがとうございました♪
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

HANAオーガニックウェアルーUV"

<HANAオーガニックウェアルーUV>
オーガニックで美容成分たっぷり♪白浮きしない安心日焼け止め。ファンデ代わりにも☆

レビュー記事はこちら
透明感のある肌に。『HANAオーガニックウェアルーUV』のレビュー


コメントを残す




CAPTCHA