ママリンのおススメ品レビュー記事です^^

赤ちゃんや妊婦さんにも安心。『はぐくみオリゴ』のレビュー
5種類のオリゴ糖100%です。安心食品でお通じ対策に☆
透明感のある肌に。『HANAオーガニックウェアルーUV』のレビュー
オーガニックで美容成分たっぷり♪白浮きしない安心日焼け止め。ファンデ代わりにも☆
すべて植物性☆女子力アップサプリメント『天使の秘密』のレビュー
バストアップ効果のあるプエラリアや、植物性プラセンタ、酵素などの嬉しい成分入ってます♪

大腸内視鏡検査をしたことを思い出しました。今更ながら体験記。

最近、腸内環境・腸内細菌、腸内フローラといったような、“腸”について色々気になっている私ですが、そういえばもう10年くらい前になりますが、大腸内視鏡検査自分の腸の中を見たことがありました。

もうすっかり忘れ去ってしまっていましたが、何だか腸の調子が悪かった時期があったんでした。


大腸内視鏡検査は、通常は下痢や便秘を繰り返すとか、血便が出るとかといった症状のある患者さんが、お医者さんから勧められて行うことが多いのではないかと思うのですが、私の場合、自分から希望してみてもらうことになったんです。

結果的には何も異常はなかったのですが、思えばあの時から、それまで疑問にも思っていなかった西洋医療に、ちょっとしたハテナを感じ始めたような気がします。

*********************
↓あなたの応援が記事更新の励みになります☆
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ     人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます^^
*********************

スープ


私が大腸検査を受けようと思ったきっかけとは

さて、なぜ私が大腸内視鏡検査を受けることにしたかというと、左側の脇腹に、鈍い痛みを感じることが長く続いたからでした。

右側だったら盲腸かも?と思ったりしますが、左側です。

鈍痛の時が多かったですが、チクチクした痛みだったり、痛みが嫌で体をねじってみたりするような、不快な痛みでした。


婦人科も受診してみましたが、婦人科系ではなく、内科ではないかと。その後、内科にも行ってみましたが、そこでも特に問題ありませんでした。

受診したのは田舎の病院だったので、もっと大きな病院で見てもらったら何かわかるのではないかと思い始めたんですよね。

一度気になり始めると、やっぱりどこか悪いから痛みがあるんじゃないかと気になって気になって。


そこで、北海道では都市部と言えるところにある私の実家に協力してもらい、評判の良い病院を調べて、大腸検査をしてもらうことになったんです。

当時1歳の子がいたので、母に一緒に来てもらって、受診中や検査中の子どもの世話をしてもらいました。


その大きな病院の消化器内科での、初めての診察の時には、聴診と触診、それからエコー検査を行ったんだったと思います。

お医者さんは、「問題はなさそう」と言いますが、大腸検査で有名な病院だから検査は特別なことではないのか?「検査は必要ありません」と断言することはなく、「気になるならしてもいですよ」くらいな感じだったので、私もその日に予約を入れたんですよね。

さすがに人気があり予約も結構埋まっていて、3ヶ月くらい後(だったかな?)に予約を入れて、一度自宅に帰りました。


大腸内視鏡検査の流れ

そういえば予約を入れた際に、病院の売店で「低残渣(ざんさ)食」のセットを買っておきました。必ずこれを食べなければならないわけではないのですが、初めてのことだし、何がよくて何がダメなのかを考えなくても簡単に用意できるので。


検査の前にはまた実家にお世話になり、前日から低残渣食と、何やら腸内をきれいにする水のような液体をたくさん飲んだような記憶が。

水のような液体は当日だったかもしれません。下剤のようなものだったんだと思います。

排泄物がもう水になるくらいに腸内をきれいにして、その後、父の運転で病院に向かいました。


検査の前にも結構待ち時間があり、おなかが空っぽでとっても空腹なのに待合室のテレビではグルメ番組が流れていて、横目で見て見ないふりしていました(><)

検査の説明を受けたり検査服に着替えたりした後、ようやく検査室に呼ばれ、検査台に横になってまずは眠くなる薬を使われ、その後検査が始まりました。

この眠くなる薬、人によっては本当に記憶が飛んでしまったりするようです。検査したことも覚えていないとか。

私の場合は、ぼーっとしてはいたもののそれなりに正気はあったようで、看護師さんに「眠くなりませんか~?」みたいなことを聞かれて、その場でモニターを少し見せてもらったような気がします。

でもあいまいな記憶です。時間感覚はおかしくって、終わった後は何だか少しワープでもしたかのような感じもありました。


検査の後は、別室のベッドでしばらく(1時間くらい?)横になり、眠気を取ってから着替えて待合室に戻りました。

その後またしばらく待った後、お医者さんに呼ばれ、今度は腸内の画像を見せられながら検査結果の説明を受けます。

モニターに色んな画像を映し出しながら、結果は異常なし。

私が気になっている症状は、腸が曲がっているところのぜん動運動の関係で、痛みが生じているのではないかという説明でした。


異常なしの結果にホッ。腸は大切にしたいものですネ(^v^)

そんなこんなで、大腸内視鏡検査は問題なく終わりました。

とりあえず私は異常がなかったということで、一安心でしたが、待合室で検査の前後に待っている間、異常が見つかってポリープを切除し、そのまま入院するためベッドで病室へ運ばれていっただろう方も何人かいました。

検査前の説明にそんな話をされていたので、私も「多分何事もないだろう」と思いながらもちょっと不安になったりしていました。


ただ、痛みがあるのに異常がない・・・痛みの原因を検査でも知ることができなかった・・・という気持ちもなかったわけではなくて、病院で精密検査をすれば何か見つかると思っていた当時の私は、医療も万能じゃないんだなあ、なんて感想を抱いた最初のできごとでもありました。


「西洋医療は不定愁訴に弱い」なんてことを聞いたことがあります。不定愁訴とは、体の不調はあっても特に検査等では問題がないという、今回の私のような感じですね。

でもまあ医療は日々進歩していますからね。以前はわからなかったことがわかるようになるというのは良くあることでしょうし、鍼などの東洋医療の良さを、西洋医療にも取り入れているようなお医者さんがいたりします。

部分的に判断しがちな西洋的な医療が多かった中、身体全体のバランスを総合的に診ましょうとか、免疫力を高めることで未然に病気を防ぎましょうとか、そんな風にもなってきていますよね(^^)



私が大腸検査をした頃には、まだ世の中には腸内環境の話はあまり出ていなかったと思います。私も腸内細菌に気持ちを傾けて、腸内環境を整えようなんて考えたことなかったです。

でも、今はそんな情報もたくさんあって、腸の重要さも知られてきていますよね。

美容と健康のために、腸は大切にしましょう~♪

ということで、かなり長くなってしまいましたが、私の大腸内視鏡検査の体験記でした☆

*********************
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ     人気ブログランキングへ
↑本日も応援クリックありがとうございました♪

HANAオーガニックウェアルーUV"

<HANAオーガニックウェアルーUV>
オーガニックで美容成分たっぷり♪白浮きしない安心日焼け止め。ファンデ代わりにも☆

レビュー記事はこちら
透明感のある肌に。『HANAオーガニックウェアルーUV』のレビュー


コメントを残す




CAPTCHA