玄米活性ごはん、炊いてみました☆

玄米活性って何?

炊飯器が突然壊れて、急きょ新しいものを買いましたが、その炊飯器には「玄米活性」コースがありました。
(⇒『『玄米活性』のできる炊飯器を購入しました。』)

*****************************
↓ポチッとクリック応援してくださるとうれしいです♪
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
*****************************

玄米活性コースって、どんなものなのでしょうか?
以下、炊飯器のメーカ(象印)のサイト(http://www.zojirushi.co.jp/toiawase/faq/suihan/tips.html)のQ&Aの回答より引用します。

「玄米活性」メニューは、玄米を活性化させて玄米の栄養価を高めて炊飯する機能です。

このメニューでは玄米を活性化させる工程(なべの温度を約40℃で約2時間維持)に入り、その後自動的に通常の玄米炊飯工程に入ります。
玄米が活性化することで栄養素のひとつであるギャバ(ガンマーアミノ酪酸)が約1.5倍増加します。
ギャバとは・・ギャバはアミノ酸の一種で血圧を下げたり、神経を沈める効果があるといわれています。

ということで、普通の玄米を炊くよりも時間がかかります。
2時間温めて活性させる・・・というのは、発芽の準備をさせるってことなんでしょうかね。

「玄米活性ごはん、炊いてみました☆」の続きを読む…

玄米をおいしく食べるには・・・?

栄養価の高い玄米、子どもにもおいしい♪と言ってもらいたい

先日買った炊飯器で(⇒『『玄米活性』のできる炊飯器を購入しました。』)、白米がとってもおいしく炊けました~(^▽^)/

まだ玄米は試していないけれど、コープで頼んだものが来週届く予定なので、届いたら炊いてみたいと思います♪

今回注文した玄米は有機農法や無農薬ではないのだけど、一応減農薬のものです。

玄米の残留農薬については、もちろんない方が良いでしょうが普通の玄米でも、糠の取り除かれた白米でも、残留量がすごく変わるほどではないようです。だいたい10:8くらいとか。

そして、このお米の残留農薬を気にするよりも、体内に残る農薬の方を気にした方がよくて、白米を食べる人よりも、玄米を食べる人の方が体内の農薬量は少なくなるんですって。

一例ですが、毛髪に含まれる水銀の量は、玄米食をしている人の方が少ないとか。

玄米には、そういった体に不要な物質を排泄する効能があるんですね。放射性物質を体から出してくれるという話もありますしね。

だから、減農薬・無農薬の玄米が手に入らなくても、普通の玄米で大丈夫と考えてよさそうです☆

ところで、玄米をおいしく食べるコツがあるんですね。

*****************************
↓ポチッとクリック応援してくださるとうれしいです♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
*****************************

「玄米をおいしく食べるには・・・?」の続きを読む…

自然治癒力を高める食材って、どんなの?

体の自然治癒力・免疫力を高める食材☆

マクロビオティック(マクロビ)に興味を持ちました♪
これにそった食を続けていけば、きっと体調も良くなっていくのだろうな~。

でも、厳密に行おうと思ったら、ちょっと続けるのが難しいんじゃないかな~とも思います。

マクロビオティックの基本を学ぶには、食材の知識や調理方法を知るために本を読んだり、講習などで習ったり、すでに行っている人から教えてもらったり、というのが入門方法でしょうか。

*********************
↓あなたの応援が記事更新の励みになります☆
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
いつもありがとうございます^^
*********************

「自然治癒力を高める食材って、どんなの?」の続きを読む…

自然治癒力を高めるマクロビ(マクロビオティック)

前回の記事で自然力を高める食事についてチラッと書きました。

私が参考にした本は、マクロビ(マクロビオティック)とは書かれていませんでしたが、考え方は同じようなものなのかなと思います。

ただ、私はマクロビを勉強したことがありません(^^;)

ちょっと調べただけなので、本質をつかんではいませんが、物事・身体・食べ物などを陰と陽に分けて考え、自然に逆らわないような形で、食を大切にするような『生き方』なんだろうな・・・と感じます。

*********************
↓あなたの応援が記事更新の励みになります☆
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
いつもありがとうございます^^
*********************

「自然治癒力を高めるマクロビ(マクロビオティック)」の続きを読む…