市販の虫除けスプレーの成分は、子どもに良くない?

夏・・・虫の出る季節です(><)

害のない虫ならいいけれど、人にとって害になるような虫はやっぱり嫌ですよね。

うちは幸い、ゴキさんの出る地域ではありませんが、その代わり、カメムシはいっぱいいます・・・。知らないうちに触ってしまうと、「ぎょえ~っ!」です。

しばらくイヤ~なニオイも消えません(TT)

*********************
↓あなたの応援が記事更新の励みになります☆
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
いつもありがとうございます^^
*********************

「市販の虫除けスプレーの成分は、子どもに良くない?」の続きを読む…

子どもを持って考えるようになった、食品添加物のこと

添加物の入っていない食べ物を見つけるのは大変ですよね・・・

子どもを持つようになって、食べ物や身の回りの物の安全について考えるようになる方って結構多いかなと思います。私もそうでした。

あまりに調べすぎると、ちょっと怖くなってしまう部分もありますけれどね(^^;)食品添加物についてとか、予防接種の害とか・・・

特に身近なのは、毎日食べるもの。

人の身体は、食べたものからできていますからどんなものを食べているのかというのは、本当はとっても重要なことなんですよね。

最近は地産地消だとか食育についても関心が払われるようになっていて、食べ物についてよく考える機会も増えてきているように思います。

(まあ、私が関心を持ちだしたので、そういう話題が増えているように感じているのかもしれませんが・・・^^)

実際問題、安心・安全な食べ物を探そうと思うと結構大変だし、見つけたとしても値段が高かったり、なかなか「安全なものだけ食べる」ということを実践し続けるのは難しいところがありますよね(><)

食品添加物なんて、いたるところに使われていますもんね。

以前、図書館から『なにを食べたらいいの? 』(著者:安部 司)という本を借りて読んだことがありました。

**************************
↓あなたの応援が記事更新の励みになります☆
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
いつもありがとうございます^^
**************************

「子どもを持って考えるようになった、食品添加物のこと」の続きを読む…

子育て中は特に気にしたい、化粧品の成分

しずく
子どもを持ってから、または持つことを考えてから
普段特に考えずに使っていたものが、
「これって赤ちゃんに大丈夫だろうか・・・?」
思い始めたりしますよね。

例えば、洗濯洗剤とかボディーソープ、入浴剤、日焼け止め、
消臭スプレー、虫よけの芳香剤などなど。


*****************************
↓ポチッとクリック応援してくださるとうれしいです♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
*****************************


そして赤ちゃんが生まれてから、自分の使っている化粧品に
ついても気になったりする場合もありますよね。

私もそうだったんですが、
「この化粧品を使っていて、子どもに触れても
(例えば頬ずりしても)大丈夫だろうか?
それが子どもの手について、もしもその手をなめてしまっても
安全なんだろうか?」って気になりました。

そんな風に感じて、自分なりに調べて他のスキンケア商品を
お試ししてみたり、安心をうたっているメーカーのものを
使ってみたりする他にも、
子育て中・妊娠中にお肌の状態が変わって、一時的に化粧品を
変えるという方もいるでしょうね。



ところで、化粧品に含まれている「よくない成分」って、
どんなものなんでしょうか。
直接子どもに使うものでなくても、やはり気になっちゃいますよね。



化粧品の成分で特に気にしたいのは、石油系の成分。
石油系の合成界面活性剤や、合成着色料、合成保存料や
酸化防止剤などです。

天然成分がすべてお肌によいかというと、
もちろんそうとは言えないところもあります。
アトピーアレルギーのある方が使用すると、
体が成分に反応してしまうものもあります。

そばや小麦などは食品のアレルギー源として有名ですが
化粧品としてお肌に塗ることでも、症状が出てしまう方も
います。
このようなアレルギーを引き起こす成分というのは、
すべての人に症状が出るものではありませんが、
アレルギーもちの場合は、気をつけなければなりません。



そして・・・
石油系の成分というのは、誰もが気をつけたい成分です。
お肌の強い・弱いなど個人差はありますので、
すぐにトラブルが出る方、そうでもない方がいるでしょう。

石油系の成分は、安価で大量生産ができ、保存もしやすいため、
市販の多くの化粧品にはけっこう使われているようです。
ですので、まったく使われていないという化粧品を探すのは
難しいかもしれません。


化粧品に好きなだけお金をかけられるのなら、
そういった成分の使われていない、本当に安全な化粧品を
使い続けることもできるでしょうが、
子育て中の主婦の立場(専業主婦は特に?!)でしたら
そういうわけにはいかない・・・という方も多いですよね(><)

ただ、その量はできるだけ少ないものを選びたいですね。

今は、化粧品の成分は、全成分の表示が義務付けられています。
食品の成分表示もそうですが、基本的に化粧品も
多く使われている成分から書かれていますので、
成分表示を確認してみることも、ひとつの目安になるかと
思います(^^)

*****************************

↓この記事を読まれましたら、
ランキングバナーをクリックしていただけるとうれしいです♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ