重曹とクエン酸で、気軽におうちの掃除をしよう☆1~基本編~

お鍋を焦がしてしまって、重曹を使ってコゲを落とした話を書きました。
(⇒『お鍋を焦がしてしまいました。重曹を使ってお鍋のコゲを取る方法とは?』)

今回コゲ取りに使った重曹は、他にも色んなところのお掃除に使えるのですよね。

ついでにクエン酸も用意すると本当に様々な活用ができるということで、この時期、年末に向けてちょっと早めのお掃除を開始してみてもいいかな~と思います。

重曹・クエン酸をお掃除に活用する方法を記録しておけば、やる気も出ていつもよりピカピカにできるかな~と思ったので、まとめておきたいと思います(^^)

*********************
↓あなたの応援が記事更新の励みになります☆
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
いつもありがとうございます^^
*********************

「重曹とクエン酸で、気軽におうちの掃除をしよう☆1~基本編~」の続きを読む…

オリゴ糖とは?その特徴やはたらきをまとめてみました。

はぐくみオリゴが便秘解消に効果あり・・・ということで、現在お試ししながらその効果を感じているところですが、「オリゴ糖」についてもう少し知ってみたくなりました。

(関連記事⇒ 『『はぐくみオリゴ』は、妊婦さんや赤ちゃんの便秘解消にも安心だと、口コミでも評判です♪』)

オリゴ糖とは?その効果は・・・?

せっかくですので、まとめておきたいと思います(^^)

*********************
↓あなたの応援が記事更新の励みになります☆
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
いつもありがとうございます^^
*********************

「オリゴ糖とは?その特徴やはたらきをまとめてみました。」の続きを読む…

おいしくデトックスできちゃう、ハーブティーをレビュー☆

実は既にハーブでデトックスを実行していた?

少し前の記事にデトックスの話題を出しました。
(⇒過去記事『デトックスで体のいらないものを排出。内側からキレイになりたい♪』)

そこでちょっと調べたら、デトックスの方法の中に「ハーブティー」を用いるというのもありました。

そこで、お通じスッキリを求めてお試し通販してみたおいしいハーブティーの『朝美人革命』を飲んで効果を確認したことも、デトックスしてたんだ~と思いました(*^^*)

そして、もう一度じっくり味わってみよう~と思い立ちました☆

「おいしくデトックスできちゃう、ハーブティーをレビュー☆」の続きを読む…

脂質にも種類があります。体に良い油を摂りましょう~☆

ひまわり

脂溶性ビタミンと一緒に、油を摂ることで、ビタミンが体に吸収されやすくなるというお話をしました。
(⇒ 『野菜のビタミンを逃がさない方法ってある?』)

でも油ってカロリーが高いから、ダイエットの敵!できるだけ避けたいなあ~、と思いませんか?

とは言え、油も適度に摂らないと、お肌や体の調子も悪くなってきちゃいます。

*****************************
↓ポチッとクリック応援してくださるとうれしいです♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
*****************************

ただ油と言っても、体に良い油・良くない油がありますので、これについては知っておくといいですね(^^)/

飽和脂肪酸と、不飽和脂肪酸、聞いたことがあるかと思います。

飽和脂肪酸というのは、肉や乳製品などの動物性食品に多く含まれていて、不飽和脂肪酸というのは、植物性の油や魚の油などに多く含まれています。



さて、ではどちらが良い油で、どちらが良くない油かわかりますか??






それでは、まず体に良くない油の方をご紹介しますね。

<体に良くない油・・・飽和脂肪酸>

動物性の脂肪や、バターなどの乳脂肪に含まれる油です。これは、常温では固まった状態なんですよね。人の体内でも固まりやすくなっているので、血管の壁にこびりつき血液の流れが悪くなったりします。

それから、マーガリンやショートニングに含まれるトランス脂肪酸というものも、体に良くない油なんです。本当は液状の油なのに、化学処理で固形状にしているもので摂りすぎると現代病につながる恐れも持っています。


<体に良い油・・・不飽和脂肪酸>

お魚の油にはDHAEPAという成分があり、コレステロールを下げたり、血栓を溶かしたりする作用があります。

それから、植物油にはコレステロールを下げるようなオレイン酸、α-リノレン酸、リノール酸などが含まれています。

オリーブオイル、キャノーラ(なたね)油、サフラワー(紅花)油、アマニ油、エゴマ油、ごま油、コーン油、大豆油、ひまわり油、グレープシードオイルなどです。



不飽和脂肪酸は、更に「n-3系(オメガ3とも言われます)」「n-6系(オメガ6)」「n-9系(オメガ9)」の3種類に分類されます。

「n-3系」というのは、魚の油やアマニ油、エゴマ油、しそ油で、体の中で優先して燃焼されるため、体脂肪にはなりにくいとのこと。ただ、熱や光に弱いため、保存は冷暗所に。

「n-6系」は、現代ではよく使われるため、意識してとる必要はなく、コーン油・大豆油・一部のサフラワー油・ごま油・ひまわり油などに多く含まれるリノール酸はアレルギーの原因ともなるため、摂取量の上限が決められているようです。摂り過ぎには注意したいですね。

そして、「n-9系」は、抗酸化作用があるため、調理に使うと良いようです。オリーブオイル・キャノーラ油・パーム油などです。



これらの3種類の油は、取り入れるバランスが大切なんですって。「n-3系」と「n-6系」は必須脂肪酸といって、体に必要なもの。ですが、現代の食生活では、「n-3系」が不足しがちで「n-6系」は過剰に摂りすぎている傾向があるようです。

バランスを保って、体に良い油の摂り方をするには、加熱に弱い「n-3系」の代わりに「n-9系」の油で加熱調理をし、ドレッシングなどは「n-3系」の油を使うこと。「n-6系」の使用は少し抑え気味で・・・

というのがよさそうです☆




いくら体に良い油だと言っても、もちろんカロリーとしては高いですので、(1グラム当たり9キロカロリーです。)

油を全く摂らないのも問題ですが、摂りすぎも肥満の原因になってしまいますので、適度に・・・が良いですね。

*****************************

↓この記事を読まれましたら、
ランキングバナーをクリックしていただけるとうれしいです♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ